Event is FINISHED

CEDEX -ブロックチェーン・ダイヤモンド取引所- 発表会&レセプションパーティー

Description
CEDEXによるブロックチェーン・ダイヤモンド取引所の発表説明会とレセプションを開催いたします。

◆ブロックチェーン・ダイヤモンド取引所「CEDEX」とは
 ・ダイヤモンドの鑑定書をブロックチェーン化して個人間取引を行う、グローバル・オンライン取引所です。
 ・ダイヤモンドの透明性・流動性を高め、金融商品と同様に取引することができます。
 ・ダイヤモンドを適正な市場価格で購入/販売だけでなく売却/買取することもできます。
 ・CEDEXで行われるダイヤモンド取引の決済は、全てCEDEXコイン(ICO販売)で行われます。
 ・CEDEXはイスラエル・スタートアップ企業(ジブラルタル法人登記)です。
 ・システム開発はTechFinancials(ロンドン証券取引所AIM上場)が担当し、同社が90%出資しています。

当発表会では、旧来のダイヤモンド・エコシステムをブロックチェーンにて脱却させ、CEDEXがどのようにして問題を解決してダイヤモンドを金融商品の仲間入りさせていくのかを解説いたします。




◆タイムスケジュール(随時発表します)
18:30 開場
 
19:00 挨拶挨拶:Ronen Priewer(CEDEX-Founder)
 
19:00-19:15 ① 河合健様(アンダーソン・毛利・友常法律事務所):「ICOの法的動向」
 
19:20-19:35 ② 植野力様(aniwo):「イスラエルのスタートアップについて」
 
19:40-19:55 ③上谷和華子様(有澤産業):「ダイヤモンドの基礎知識と日本マーケットの現状」
 
20:00-20:15 ブロックチェーン・ダイヤモンド取引所CEDEXについて:Ronen Priewer
 
20:30-20:45 ④ 勝木健太様(コンサルティング会社):「
2018年以降のICOを展望する
 
21:00-21:15 ⑤ 関田真也様(東洋経済):「ICOの魅力と課題」
 
21:30-21:45 CEDEX:ICOについて: Ronen Priewer/秋山繁雄
 
21:55 終了挨拶:秋山繁雄(CEDEX-Japan Director)
 
22:00 終了




◆ゲスト登壇1
河合健 京都大学法学部卒 
・大手金融機関においてデリバティブ取引等の市場業務に約15年間従事した経験を踏まえ、金融規制法、デリバティブ取引、仕組商品、金融商品関連紛争等に関し、金融実務に即したアドバイスを行うことを得意としています。
・複雑な金融取引やクロスボーダー取引への対処が必要な倒産/事業再生案件を多く手掛けています。特に金融機関の破綻法制については、関連機関及び大手金融機関から多くの依頼を受けています。
・FinTech分野に関し、仮想通貨及びブロックチェーンを中心に、FinTech企業及び既存金融機関に対してリーガルアドバイスを行うとともに、業界団体へのアドバイスや政策提言にも積極的に取り組んでいます。
・競争法分野における審判/訴訟対応、企業結合審査対応、コンプライアンス体制整備についても広く取り扱っております。 https://www.amt-law.com/professional/profile/KWK
 
◆ゲスト登壇2
植野 力 (Aniwo/ Co-Founder & COO)
2014年にイスラエルに渡り、Aniwoを共同創業、自社メディア開発や採用、スタートアップへのアプローチなどを担当後、日本支社立上げの為帰国。
イスラエルのスタートアップ情報を発信で行う通年イベント「Pitch Tokyo」や、幅広い領域における(サイバーセキュリティ/エンタメ/素材/エレクトロニクス/フィンテック/モビリティ/ブレインetc)日系大手企業とのリサーチやプロジェクトなどを担当。日経BigDataやTHE BRIDGE、アスキースタートアップなどにて執筆多数。
http://aniwo.co.il

◆ゲスト登壇3
上谷和華子様に「ダイヤモンドの基礎知識と日本マーケットの現状」と題して、ご登壇いただきます。

上谷和華子 学習院大学卒。
現代美術ギャラリー、洋服のオーダーメードサロンオーナーを経てジュエリー業界へ。銀座ダイヤモンドサロンにて、販売、企画担当。
ジュエリーコーディネーター、リモデルカウンセラー、パーソナルコーディネーターの資格を元にジュエリーだけには止まらないクロスオーバーなコンサルタントを目指しています。

◆ゲスト登壇4
関田真也 東洋経済オンライン編集部
慶應義塾大学法学部法律学科卒業。
一橋大学大学院法学研究科法務専攻修了。
教育事業会社の出版グループで編集業務に従事したのち、法律的なテーマに特化した取材・執筆を行い、ウェブメディアを中心に複数の媒体に寄稿。
2015年司法試験合格。同年11月より東洋経済オンライン編集部。
特定の担当業界を持たず、社会問題から企業、行政まで幅広く取材してきた。
2017年11月より司法修習生と兼務してメディアでの活動を続ける。
東洋経済オンライン:著者ページ
http://toyokeizai.net/list/author/%E9%96%A2%E7%94%B0%20%E7%9C%9F%E4%B9%9F
4億円を仮想通貨で集めたベンチャーの正体
 新たな資金調達手法「ICO」の魅力と課題
http://toyokeizai.net/articles/-/195268
「カネだけが評価基準」を打破するVALUの哲学
 小川代表「ヒカル氏は将来戻ってきてほしい」
http://toyokeizai.net/articles/-/191665

◆ゲスト登壇5
勝木 健太 1986年生まれ。幼少期7年間をシンガポールで過ごす。
京都大学工学部電気電子工学科卒業後、新卒で邦銀に入行。
現場では法人営業、本店では外貨バランスシート経営の企画、グローバル金融規制対応(BaselⅢ、ドッド・フランク法 etc)、各国中央銀行との折衝に従事。
外資系コンサルティングファームを経て、2016年12月より、ブロックチェーン技術をはじめとするFinTech領域の戦略立案に従事。個人ブログ『仮想通貨投資の始め方』運営。
書籍『ブロックチェーンレボリューション(ダイヤモンド社)』の翻訳協力を実施。
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4478069964/booksonlinea-22/
ダイヤモンド・オンラインにて、~『ブロックチェーン・レボリューション』で予言されたICOの現在(前・後編)~を寄稿
http://diamond.jp/articles/-/142118


◆場所:LIFULL Table 東京都千代田区麹町1-4-4 1F
  最寄駅:東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 徒歩4分/有楽町線 麹町駅 徒歩7分

◆定員:50名

◆注意事項
 ●最低開催人数は設置しておりません。
 ●ご案内内容は変更となる場合がございます。
 ●会場及びビル内での食事・喫煙は禁止とさせていただきます。
 ●法規制に反する行為を目的とした参加はお断りさせていただきます。
 ●ゲスト講演の撮影・録音は一切お断りいたします。
 ●他の参加者様に対する、営利・非営利を問わず一切の営業活動、勧誘行為は禁止とさせていただきます。



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#302781 2017-12-18 07:01:37
More updates
Thu Dec 21, 2017
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
当日参加+個別説明【18日】希望 FULL
当日参加+個別説明【19日】希望 FULL
当日参加+個別説明【20日】希望 FULL
当日参加+個別説明【21日】希望 FULL
当日参加+個別説明【22日】希望 FULL
一般参加 FULL
一般参加(追加) FULL
再追加 FULL
再々追加席 FULL
Venue Address
東京都千代田区麹町1-4-4 1F LIFULL Table Japan
Organizer
BBV:Business seminars about Blockchain and Virtual currency
171 Followers